1. ホーム
  2. 400年前の沈没船を捜索

学術調査

400年前の沈没船を捜索

1609年、千葉県御宿沖で難破したスペイン船・サンフランシスコ号の共同研究を、東海大学海洋学部・木村淳特任講師と実施。
2017年11月、調査の様子はNHKニュースでも報道された。

2018年2月には当社の大規模な磁気探知装置システムにより、海底に散乱した船具、大砲などの鉄器の探査を行った。



弊社は海底の計測調査を行い、その地形データから三次元海底地形図を作成。

東京大学・浅田教授(左中央)、東海大学・木村講師(右手前)とともに、完成した立体地形図を確認しながら綿密な打ち合わせを行った。


▲TOP