1. ホーム
  2. 独自技術応用事例
  3. 海底沈船の3次元データ化

独自技術応用事例

海底沈船の3次元データ化

ウインディーネットワーク独自技術である海底写真測量技術を使い歪みの無い一定光量の精密重複画像を撮影し独自に開発した点群処理システムで水深38メートルに沈む潜水艇を3次元データ化しました。このデータは対象物を引き上げてレーザー計測するのと同等の精度を有し各研究者が必要とする寸法・形状・質感もコンピュータ上で再現できます 引揚不可能の海底沈船や海底遺跡を3次元データ化して保存することにより現在の状態をそのまま未来に引き継ぐ事が可能になります。
※対象物は弊社が伊豆下田須崎沖で2015年8月に発見した潜水艇(海龍)です。
※水中撮影には水深38mを考慮し弊社独自技術リブリーザーテクノロジーを使い約3時間の連続潜水により撮影しました。

海龍撮影風景海龍撮影風景
海龍 リブリーザー長時間潜水により海草除去
した海龍
記者会見 海龍発見の本社共同記者会見

海龍立体画像

リブリーザー潜水により3次元計測で精密に生成した立体画像


左の画像(リブリーザー潜水による撮影動画のスクリーンショット)をクリックすると動画が再生されます。

▲TOP