1. ホーム
  2. 独自技術応用事例
  3. 広範囲海底藻場調査

独自技術応用事例

広範囲海底藻場調査

音響測深機による新たな藻場識別マッピング手法を開発。株式会社ウインディーネットワーク・静岡県・東京大学生産技術研究所は海底に植生する藻場の状態を音響測深機を使用し把握する研究を重ねてきましたが、2014年4月この手法により岩場に生育するカジメや砂地に生育するアマモ等分離し海藻識別に成功しました。この技術を利活用することにより、潜水調査が主流だった藻場の状況調査を音響測深機を使用して広範囲に効率よく調査し時期的な変化も把握できるようになりました。

藻場の種類を音響ソナーの反射音紋質分析技術で分類

ガレキカジメ
ガレキアマモ

▲TOP