1. ホーム
  2. 独自技術応用事例
  3. 海底曳航体による探査

独自技術応用事例

海底曳航体による探査

業務に応じて音響ソナーを曳航体に装着し必要精度がえられる海底深度で曳航する事により目的に合ったデータの取得が可能になります。音響海底地層探査機を海底地形面に沿って曳航することにより、細かい海底堆積物状態や埋没した物体等の把握ができます。

ガレキ海底付近を移動する曳航体
音響ソナーと曳航体の接続状態

業務に応じて海底をプログラミングにより走行可能なAUVに音響ソナーをセットし自動でデータを収集できます。

海底の地形や動植物の状態を調査 海底の地形や動植物の状態を調査
(音響ビデオ搭載し、夜間データ収集もできます)
海底に潜らせるロボットの調整 海底に潜らせるロボットの調整

目的に応じてデータ収集用AUVを選択し海底地形データを基に走行プログラミングを実施、自動で必要なデータを集めます。

AUV
海底の写真撮影の為、セット中のAUV

▲TOP