1. ホーム
  2. 調査実績
  3. 十和田湖湖底調査

学術調査 十和田湖湖底調査

67年目の鎮魂歌

昭和18年9月27日、十和田湖に墜落した旧日本陸軍練習機。乗員4名の内1名のみ救助。3名の乗員は未だ機内の中、静かに湖底に眠っているとされる。長年の間には色々な墜落情報、引揚げ計画が存在したらしいが、明確な情報は得られず現在に至っている。歴史の一コマではありますが、私達が歩んだ昭和史を今一度想起して、3名の英霊に鎮魂歌として捧げたいと思います。


十和田湖湖底調査報告 弊社の技術の高さを見て下さい!

ウインディーネットワーク海洋調査部は、2010年7月12日~8月12日の間、十和田湖の総合的計測調査を実施いたしました。

十和田湖3D画像

弊社ソフトウェア【3D-GeoLet】によ生成された十和田湖の3D画像


十和田湖画像調査中の折、超音波計測データに湖底に沈んでいる小さな飛行機の形を確認(写真右)
十和田湖計測風景十和田湖計測風景 早朝より計測は行われた
十和田湖計測風景十和田湖計測風景 2艘の船で計測
十和田湖で発見された機体の画像計測データに、はっきりと機体の形をとらえた
水中ロボットカメラROV水中カメラROV 見つかった場所へもぐらせる

折も折、8月15日、65回目の終戦記念日を迎えようとしている直前に発見されたのも何かの縁と思い深く感動した私達は、この現代の繁栄的世相を見るにつけ、昭和の歴史の中で御苦労された先人先輩、とりわけ今回の永眠しておられるであろう3名の方々に改めて感謝と追悼の意を捧げたいと思いました。本来の調査業務外の事ではありましたが、取り急ぎ水中カメラの撮影を行い、デジタルデータとは別に、水中の機(旧陸軍1式双発高等訓練機)のビデオ撮影に成功しました。水温が約4℃の貧栄養湖の湖底では、微生物の発生も少なく保冷状態で機体の腐食も殆どない完全な姿で発見されました。当時の飛行機がほとんど残っていないことから引き揚げが計画されており、弊社としても全面的に協力する事になっています。


ROVで捉えた墜落した機体日の丸や所属マークがはっきり確認できる
ROVで捉えた墜落した機体尾翼
ROVで捉えた墜落した機体くっきりと日の丸を確認
ROVで捉えた墜落した機体垂直尾翼

2010年8月12日14:00より 報道関係各社様にお集り頂き、株式会社東陽テクニカ テクノロジーインターフェースセンターにて記者会見を行いました。その様子はその日のNHKニュースでも取り上げられ、その後「ミヤネ屋」「Super J チャンネル」「バンキシャ!」・・・などで特集を組まれる程のニュースとなりました。


十和田湖機体発見について記者会見風景
十和田湖機体発見について記者会見風景
十和田湖機体発見について記者会見風景
十和田湖機体発見について記者会見風景

そして2012年、発見から2年半経ち、機体の引き上げに無事成功しました。

十和田湖湖底調査 その後の報告

69年の歳月に思いはせ

2010年8月、青森県十和田湖の湖底学術調査の際、湖底に沈むほぼ完璧な形の旧陸軍機を発見し、大きな話題となりました。
縁があり、㈱青洋建設高橋会長、青森県立三沢航空科学館大柳館長と3者で、この大型陸軍機を歴史遺産として残そうと2012年9月5日引揚げを開始、2度目のチャレンジでしたが見事に成功しました。引き揚げられた機体は、青森県立三沢航空科学館に展示され、オープンイベントではテープカットを行いました。

十和田湖発見場所

2012年9月 機体の引揚げの様子

機体の引き揚げについて打合せ
飛行機の図面を元に綿密な打ち合わせ
引き揚げ開始
水中からゆっくりと引き揚げられました
引き揚げられた機体
陸に上がった右翼と胴体
引き揚げられた機体
大きな機体であることがわかります
引き揚げを行った3名による「記者会見
発見者として記者会見を開きました


2012年12月 青森県立三沢航空科学館にて展示イベント

青森県立三沢航空科学館
青森県立三沢航空科学館
インタビューを受ける
発見者としてインタビューを受けました
引き揚げられた機体は清掃され展示
引き揚げられた機体のコックピット
引き揚げられた機体は清掃され展示
引き揚げられた機体全体
雑誌に掲載されました
雑誌・週刊誌にも掲載されました

十和田湖調査に伴うムービー紹介

ROV画像ROV画像
2010年、機体発見当時の十和田湖の湖底です。
展示中の機体展示中の機体
十和田湖の総合的計測調査をした際、湖底に沈む飛行機の形を確認、2年後には引き上げに成功した。
墜落時の航路墜落時の航路
十和田湖着水までの飛行予想シミュレーションを、立体地形図で作成しました。

▲TOP